事実婚コンシェルジュ

事実婚を実践しています。妊活の記録に関連して、社会の中の「ジェンダー」や「多様性」について思うことを書いています。

流産ってこんなにしんどいのか(2017年8月)

考えてみると流産の話ってあまり聞いたことがない。 うちの母は何度も流産した経験があるが、実際に何が起きるのか詳細に聞いたことはなかった。 自分が直面してみると、別に恥ずかしいことでもなんでもないけど、たしかに積極的に言いたいことでもない。 フ…

大高医院へ(2017年8月)

流産手術の当日も出血が続いていた。 お腹の強い痛みはひいていたが、やっぱり少し痛い。 臼井医院の紹介で大高医院を訪ねる。 パートナーも一緒に来てくれた。 なんとここも夏季休業中。朝早くから対応してくれてありがたい。 臼井医院から連絡はいっている…

流産の兆し(2017年8月)

お休みにもかかわらず院長が診察してくれた。 エコーを見ると、まだ胎嚢は子宮内にあった。 「胎嚢が子宮口あたりまで下がっているから、手術した方がいいね。 明日、大高医院に行ってもらえる?紹介状書きますから。」 「自然にしておいても出るんでしょう…

突然、血の塊が出てきた(2017年8月)

前回受診してから4日後の朝、トイレに行ったら突然ドロっとした血の塊が出てきて驚いた。前夜からお腹が痛くて思い感じだった。 うわっ、これが流産?どうしよう。 臼井医院はその日から夏休み。職場に着いてから緊急用の携帯に電話した。 「流産したみたい…

8週目、育っていない(2017年8月)

前回の診察から1週間後、再受診。 そろそろ胎児の心拍も見えて、臼井医院卒業!?なんて淡い期待を抱いていた。 一方で生理の終わりのおりもののような、茶色い出血が数日続いていることは気になっていた。 でも妊娠初期はいつ出血してもおかしくない、とい…

7週目(2017年8月)

妊娠がわかって2度目の受診は院長を指名。 「先生、妊娠したんです」 「あー、よかったねー!」 前回の事務的な対応に比べて、院長はいつも抑え気味だが人間的な対応をしてくれる。 エコーを見て、胎嚢を確認。 ネットなどの情報だと7週目あたりに胎児の心拍…

胎嚢が見える(2017年7月)

「妊娠したようだ」と臼井医院に電話し、受診。 土曜だったので、パートナーも一緒に行く。 彼に婦人科の診察台がどんなものなのか、ぜひ見てほしい。 足を広げて屈辱的なポーズをみんなとっているんだと、見てほしいのよね。 いつもの院長(男性)ではなく…

人工授精2回目の結果(2017年7月)

2回目の人工授精から約2週間、生理が、来ない・・!? 毎月本当にぴったりと来ていただけに、3~4日遅れると「まさか・・・」という気がしてきた。 6日遅れた時点で妊娠検査薬を使ったところ、陽性。 「卵管閉塞だから体外受精しかない」 と言われた日暮里レ…

人工授精2回目(2017年6月)

2回目の人工授精の日。この日は平日。 出勤前のパートナーはトイレで精液を容器に入れて渡してくれた。 この日は大雨。 上下山用の雨具を着て、自転車をこいで、9時前には臼井医院に到着。 前回は8人の流れ作業だったが、この日は私しか人工授精希望者はいな…

人工授精1回目の結果

人工授精の日から2週間後、予定日ぴったりに生理がきてしまった。 まぁ、卵管も日暮里レディースクリニックで一度は「閉塞」と言われ、臼井医院でも細いと言われているし、機能しているかもわからないのだから、望みが薄いんだろうなーと思いつつ、次の排卵…

人工授精1回目(2017年5月)

ようやくタイミングが合い、人工授精に進むことになった。 排卵日直前に臼井医院を受診し、人工授精の日を指定される。 私の場合はたまたま土曜日。 精液採取用のプラスチック容器やカップルの同意書、当日の注意が書いた紙を渡される。 ・当日は8時半~9時…

2回目の卵管造影検査(2017年3月)

2回目のヒューナーテストの時に次は卵管造影検査を受けたいと言ってあったので、生理開始に合わせて臼井医院を予約。 経血がなくなり、かつ、排卵前、という非常に限られたタイミングでしかできない検査なので、仕事も急きょ午後休むことにする。転職してま…

2回目のヒューナーテストを受ける(2017年2年)

1月に初めてヒューナーテストを受けたら「相性が悪い」「精子が子宮まで届いていないようだ」という診断。 じゃあ、次どうしたらいいの?と迷いに迷って、もう一度卵管造影検査を受けてみようかなという気分になっていた。 日暮里レディースクリニックでこの…

ヒューナーテストを受ける(2017年1月)

ヒューナーテストは、子宮と精子の相性を見るテスト。 射精後の子宮内での精子の状態を検査するそうだ。 セックスして、射精後12時間以内に受診しなければいけないというタイミングの難しいテスト。 予約が取れたのは月曜の12時30分。 ということは、日曜深…

臼井医院へ(2016年1月)

日暮里レディースクリニックでは結局イヤな思いをしただけだったが、とりあず紹介状やら検査結果は揃った。 12月に体外受精の勉強会に行き、ここの医師にも意見を聞いてみようと思った臼井医院(不妊治療センター)を1月に受診。 このクリニックの院長(男性…

温経湯の効果

2016年9月頃から近所の産婦人科で処方されている「温経湯(うんけいとう)」という漢方。 血流を良くして体温が上がる効果があるとのこと。 医師によれば「体がポカポカするよ」とのことだが、4か月近く服用してもポカポカするほどのことはない。 ただ、基…

モヤモヤする年末年始:その理由(2016年12月~2017年1月)

私はとにかく自分が納得しないと先に進みたくないタイプ。 体外受精を受けるのか受けないのか、どんな決心をするにも様々なハードルが待ち構えている。 1.そもそも子どもがほしい? 「経済的に自立した人間になりなさい」と親に言われて育ち、教育にもずい…

再び日暮里レディースクリニックへ(2016年12月)

臼井医院の体外受精の勉強会に参加後、せっかくなら臼井医院も受診してみようと思った。 ひとりで悩み続けても出口が見えないし、少々お金はかかっても、複数の専門家の意見を聞くことに損はない。 検査をいくつか受けた日暮里レディースクリニックで、まだ…

体外受精の勉強会に参加(2016年12月)

臼井医院が定期的に開催する勉強会に参加。 この医院は「不妊治療センター」を冠していて、受診希望者はまず説明会に参加してクリニックの方針などを聞く決まりらしい。 ただ、私の場合、既にタイミング法や人工授精での妊娠可能性が低いと診断されているた…

近所の産婦人科へセカンドオピニオン求む(2016年12月)

卵管閉塞という診断に、私はかなり落ち込んでいる。 じっとしているとますます悪循環なので、まずは情報を得たいと思い、 日暮里レディースクリニックでの検査結果を持って、排卵チェックに通っていた 近所の産婦人科の医師に相談に行った。 ここの医師は中…

日暮里レディースクリニックで検査(2016年12月)

子宮鏡検査と卵管造影検査を受ける。 日暮里レディースクリニックは開院間もないクリニックで、院内はキレイ。 ベッドもあるなかなか立派な更衣室に案内され、衣類はすべて脱ぎ、 簡易手術着とシャワーキャップのような帽子をかぶる。 まずは子宮鏡検査。 こ…

私の検査が必要(2016年12月)

これは私の方の検査をしなければ! 近所の産婦人科に排卵の確認に通い、基礎体温を上げる 「温経湯(うんけいとう)」という漢方を処方してもらっていたが、 お産専門なので、不妊に関する高度な検査はできないことは言われていた。 でもさ、半年も排卵確認…

パートナーの精液検査(2016年11月)

パートナー側はどうなのかな? と思い、電車でふた駅の産婦人科を予約。 (近所の産婦人科では精液検査をしていなかった) 産婦人科に男性の検診を予約する作業って、結構大変。 クリニックに電話して、事情を話して・・・ 電話で何度も「精液検査」「精液」…

排卵していない月もあるなんて(2016年9月)

女性のカラダはだいたい28日が1周期。 私も26日~28日、というところ。 毎週期、そろそろ排卵日、という頃に近所の婦人科でエコー検査を受けていた。 ある月、医者に「今月は排卵していないみたいですね」と言われびっくり。 「え?え?この健康な私が排卵し…

まずは近所の産婦人科へ(2016年8月)

現在進行形の妊活について、過去の出来事から順に記録しておきたいと思う。 パートナーと結婚式を挙げて約3年、仕事が忙しかったので避妊していた。 契約の仕事がひと息ついて、時間ができたので 「よし、この期間に子どもつくろう!」と話し合い 避妊せず排…

朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」がつまらない3つの理由

なんだかんだで毎朝みているのだが「べっぴんさん」がまったく面白くない。 理由を3つにまとめみる。 1.バカにされてる女たち 主人公はじめその女学校時代からの友人が、みんなイライラするほど自分の意見を言わない。 昭和20年代の設定だとしても、朝か…