事実婚コンシェルジュ

事実婚を実践しています。社会の中の「ジェンダー」や「多様性」について、日々思うこと、 モノ申したいことを気ままに書いています。

日暮里レディースクリニックで検査(2016年12月)

子宮鏡検査と卵管造影検査を受ける。

日暮里レディースクリニックは開院間もないクリニックで、院内はキレイ。

ベッドもあるなかなか立派な更衣室に案内され、衣類はすべて脱ぎ、

簡易手術着とシャワーキャップのような帽子をかぶる。

 

まずは子宮鏡検査。

これは子宮内に細長いカメラを入れて、子宮内部を直接見るもの。

専用のベッドに寝て、膣からカメラを通していく。

自分の前に画面があり、子宮の中を医師と一緒に見ることができて

「内部はきれいなピンク色なんだなー」などど面白い。

 

しかし、ここで2か所にポリープがあることを発見された。

そして、痛いというか気持ちが悪い。

おなかが張っているというのか、つかまれているというのか、

生理痛とはまた違った感覚でいっぱいになった。

 

次の卵管造影検査のために細いチューブを子宮内に挿入された状態で、

いったん更衣室へ戻る。

膣からプラーンと管が出て、太ももに紙テープで固定されている状態で、

自分のパンツをはくのはけっこう大変。

しかも検査後、おなかが痛くて、歩くのもキツい。

のそっ、のそっ、という感じで一歩ずつ歩く。

 

専用のベッドに移動して、次は卵管造影検査。

これは子宮内と卵管に造影剤を流して、レントゲン撮影することで、

卵管の通過性や子宮の形状を確認する検査。

せっかくはいたパンツをまた脱いで横たわる。

造影剤を流している時、おなかが圧迫されている感じで、痛いし気持ち悪い。

数分なのに「もうやだー、やめてくれ~」という言葉が頭の中でぐるぐるしていた。

 

レントゲン撮影後、診察室に戻り、医師から結果を聞く。

子宮鏡検査ではポリープがわかり、今すぐに取る必要はないけれど

もしかしたら今後、着床の障害になるかもしれないとの見立て。

 

卵管造影検査の結果はなんと「卵管閉塞」。

「すぐに体外受精にステップアップした方がよいでしょう」

私、大混乱。

えっ、卵管が詰まっている??

 

卵管の詰まりを取る「FTカテーテル」という手術もあるが、

卵管自体が機能していない場合もあり、FT後、卵管機能を確かめるには

タイミング法や人工授精を試して、結果を待たないといけないので

遠回りになる。

年齢を考えるとすぐに体外受精を。

 

という医師の診察だった。

ただせさえショックな上、そんなこと、すぐに答えは出せないのに、

なんだか「早く体外受精をやれやれやれやれー」と言われているように思えて

「考えます」と言って帰ってきたのでした。

 

2種類の検査と診察料で約15,000円。

検査後の出血は微量ですが4~5日続きました。