読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実婚コンシェルジュ

事実婚を実践しています。社会の中の「ジェンダー」や「多様性」について、日々思うこと、 モノ申したいことを気ままに書いています。

近所の産婦人科へセカンドオピニオン求む(2016年12月)

妊活

卵管閉塞という診断に、私はかなり落ち込んでいる。

 

じっとしているとますます悪循環なので、まずは情報を得たいと思い、

日暮里レディースクリニックでの検査結果を持って、排卵チェックに通っていた

近所の産婦人科の医師に相談に行った。

 

ここの医師は中年男性で、質問にはきちんと答えてくれるし、忙しくても

こちらが納得するまで、じっくり付き合ってくれる。

「ボクも日暮里のお医者さんと意見は似ていると思う」

体外受精を急いだ方がいい、というのは、

産んだ後のことも考えて言ってくれているのだろうけどね」

「隣の区に不妊治療をやっている臼井医院っていう不妊治療専門のクリニックがあるから、聞いてみたら?」

「そうだ、これ貸してあげるよ」

と、全国の不妊治療クリニックが載った本を渡してくれた。

 

おそらくもう、年1回の区のがん検診くらいしか来ない患者に

本を貸してくれるなんて、ありがたい。

よほど悩み多く見られたのだろうか・・・

 

そうかぁ。この先生も似たような回答か。

しかし体外受精に進むって、かなりハードルが上がる。お金もかかる。

 

とにかく情報収集、ということで、この時聞いた臼井医院に電話をした。

「12月末に体外受精の説明会があるので、参加しますか?」

なかなかタイミングがいい!

聞くだけ聞いてみよう。