事実婚コンシェルジュ

事実婚を実践しています。妊活の記録に関連して、社会の中の「ジェンダー」や「多様性」について思うことを書いています。

妊娠35週 羊水過少症 管理入院8日目

ドップラーで胎児の心拍確認 2回(起床後と午後)

マルトス輸液点滴 500ml x 2(午前と午後1本ずつ)

胎児心拍モニタリング 2回(午前、就寝前)

 

今6人部屋にいる。もともと出産時に入院の予定だったから、差額が必要な個室か4人部屋にしようと思っていた。ところが予想外に早い入院になってしまい、長くなりそうなので、とりあえず、通常料金の6人部屋にいる。

前日は消灯時間後から明け方までベッドサイドの電気をつけっぱなしにしている人や、面会の夫が昼も夜もベッドサイドでカップ麺をすすっていて臭いを充満させている人がどうしても気になってしまって、担当の助産師に話した。その後「係長」という助産師が点滴用のルート替え(今回は2回で成功)に来て、「お部屋環境についてのご意見をいくつかいただいていますが、その時に言ってほしい。常識の範囲内で対応させていただきます」という趣旨の話をしていて、ムッとした。私の苦情がそれほど大きく常識を逸脱しているものとは思えないのだけど。

 

ただでさえ40代ハイリスク妊婦なのに、「うるさい妊婦」とマークされてるんだろうか。

妊娠34週 羊水過少症 管理入院7日目

ドップラーで胎児の心拍確認 2回(起床後と午後)

マルトス輸液点滴 500ml x 2(午前と午後1本ずつ)

胎児心拍モニタリング 2回(午前、就寝前)

朝、助産師に「何かお困りなことや気になっていることはありますか」と聞かれたので

「こんなに急いで入院する必要はあったんでしょうか。健診で初めて担当されたA医師に羊水過少で入院と言われたものの、胎児も自分も元気だし、どのドクターにあたっても同じ判断だったのか気になっています。産休目前で仕事を切り上げないといけなかったことも心残りです」

ずっと気になっていたことを思い切って話してみた。

これまで何度か診察してもらって、経過を知っているドクターならまだしも、初めてのドクターからの指示で、その判断も少し迷っているような感じで、心のどこかで計測間違いではないかと思っていた。

 

夜になって、A医師と同じチームで、おそらく上司的な役割のB医師が話しに来てくれて、「お気持ちよくわかりますよ」と言ってくれた。A医師が入院の判断をした時、B医師にもアドバイスを求め、B医師も入院して経過を見ることに同意した。A医師は声が小さくて、自信なく見えてしまうという声も実際にある。今回は胎児がよく頑張ってくれていて、問題なく育っているが、患者によっては、ずっと胎児の心拍モニタリングをして、いつ帝王切開するか観察し続ける場合もある。お母さんが入院する日数分、子どもがNICUに入る日数が減ると考えてほしい。同じ職業人として仕事への想いもよくわかりますよ。という内容だった。

 

私が入院するだけ、子どもがNICUに入る日数が減るという説明はなるほどな、と思った。もし入院せずに「来週また来てください」と言われたとしたら、その1週間ずっと心配だっただろうし、結果的に、何があっても安心な場所にいられてるのだからポジティブに考えるべきとは思うけど、あまりに時間を持て余して気持ちが鬱々としているようだ。

つい1週間前まで普通に働いていたから「私もっとがんばれたんじゃないかな」って思ってしまう。突然社会から隔絶されたような気分。仕事を辞めた人や、育児中の人もこんな気分なんじゃないかな。

 

 

妊娠34週 羊水過少症 管理入院6日目

ドップラーで胎児の心拍確認 2回(起床後と午後)

マルトス輸液点滴 500ml x 2(午前と午後1本ずつ)

胎児心拍モニタリング 2回(午前、就寝前)

日曜だったので、パートナーが不足品をいろいろ持ってきてくれた。一番役立ちそうなのは枕。環境の変化ですぐに眠れなくなるので、自分の枕で寝られるのは安心。

 

入院間もない頃、助産師からNICU(新生児集中治療室)の見学ができると案内されていたので、ちょうどパートナーもいるし、見学をお願いした。

36週未満に出生した場合、または、2300g未満の場合はNICUに入るそう。

私の場合、なんとか37週までお腹の中で育ってくれたらいいけれど、まだなんとも言えないので、万が一の体制を見ておきたい。

NICUには小さい赤ちゃんがたくさんいて、保育器に入っていたり、酸素チューブにつながれていたり、みんな静かに寝ている。親は心配だろうなー。

赤ちゃん3人に助産師や看護師1人がつく、ということで、環境は安心。

ここに入らないに越したことはないけど。

 

 

 

妊娠34週 羊水過少症 管理入院5日目

ドップラーで胎児の心拍確認 2回(起床後と就寝前)

マルトス輸液点滴 500ml x 2(午前と午後1本ずつ)

胎児心拍モニタリング 2回(午前、午後)

 

マルトス輸液を点滴すると、とにかく尿量が多くなる。

1リットルも入れているのだから、それはそうなんだろうけど、これ本当に羊水になってる?おしっこになって出てるだけじゃないの?と疑ってしまう。

エコーは週1回だし、羊水が増えているのかどうかわからず、もどかしい。

土曜なのでパートナーが午後から面会に来てくれた。

彼が押してくれれば車いす売店など行けるので、ついでに5日ぶりに外へ出てみた。

空気がおいしいわけでもなく、どんより曇り空だが、深呼吸した。

今は安静が仕事だけど、新聞読んでも本を読んでも、時間がある~~

妊娠34週 羊水過少症 管理入院4日目

ドップラーで胎児の心拍確認 2回(起床後と就寝前)

マルトス輸液点滴 500ml x 2(午前と午後1本ずつ)

胎児心拍モニタリング 2回(午前、午後)

4日目はこのサイクルに採血が加わり、午後のドクターから結果説明。

血小板がやや少ないが、妊娠中低下することもあるので、様子を見ましょうとのこと。

相変わらず夜の睡眠はいまいちだが、お昼寝でリカバー。胎児はとても元気で、入院してからますます活発に動いているような気がする。

ベッドにいると狭いし、動けないし、気が滅入ってくるので、談話スペースで新聞や本を読むようにしている。過ごし方も徐々に慣れていかないと。

妊娠34週 羊水過少症 管理入院3日目

3日目でもうヒマ。

数日前まで普通に働いていたのに、突然動きが制限されると困ってしまう。

私こんなに元気なのにな~・・・

 

ドップラーで胎児の心拍確認 2回(起床後と就寝前)

マルトス輸液点滴 500ml x 2(午前と午後1本ずつ)

胎児心拍モニタリング 2回(午前、午後)

↑これが私の基本サイクルのよう。

 

午前中の心拍モニタリング中、掃除の人がゴミ箱回収に来て機器に引っかかり、アラームが鳴ってしまった。そこに居合わせた助産師が「胎児の元気がない!」と勘違いして、私の説明も聞き入れてもらえず、ドクターが入れ替わり2人来てしまう。

「胎児がへその緒を自分で踏んだかもしれない」騒ぎになったが、モニタリング時間を通常の倍くらいして異常なしの判断。

モニター中は動けないので、居眠りしてしまった。夜眠れなくなるのにな~・・・

 

6人部屋のため、面会者が来るとカーテンを閉めていても話が筒抜け。

斜め前の患者の友人らしき女性が来ていたが、声が大きい上に、何時間もいる。ずいぶん若い人なのか患者も面会者も言葉遣いが汚くて、聞いている方が不快になってしまう。

お互い様だけど、フロア内しか移動できない身では、どこかで時間をつぶすという選択肢もなくて、ストレス。こっちの方が身体に悪いんだから、ちょっと外出とかさせてほしいなぁ。自宅も歩ける距離なのに。

妊娠34週 羊水過少症 管理入院2日目

起床後、ドップラーで胎児の心拍確認

マルトス輸液点滴 500ml x 2(午前と午後1本ずつ)

胎児心拍モニタリング 2回(午前、寝る前)

午前中に担当チームのドクター2名がエコーをして、改めて羊水量を測定。

前の測定は実は間違いで、再度測定したらきっと羊水の量は増えているんじゃないか、すぐに退院できるんじゃ?と淡い期待を抱いていたのだけど、むしろ前回より減っていて、過少の判断は変わらず。

胎児はとても元気で、腎臓も機能しているし、膀胱に尿もたまっていて、排尿に問題があって羊水が減っているわけではないよう。

エコーで見た胎盤は少し穴があり、白くなっている部分もあって、古くなりかかっているとの説明。胎盤機能が低下している可能性があるとのこと。

37週まで様子を見て、誘発分娩か帝王切開を決めていくことなど、今後の方針を聞き、サインを求められる。また、緊急に帝王切開になる可能性もあるので、承諾書にもサインしてほしいと用紙を渡された。承諾書は配偶者との連名が必要。

 

前日ほとんど眠れなくて疲れていたのか、2日目はよく眠れた。

点滴やらモニタリングやら、拘束時間はちょいちょいあるけれど、フロア内の移動しか自由にできないし、運動もできずとても暇。

自覚症状がない分、自分は元気で、ご飯ももりもり食べられるし、時間を持て余してしまう。

ただ、入院してからお腹がやわらかくなったことをパートナーに指摘され、確かにそうだなと。働いているとこれが普通と思っていたけど、実はお腹が張っていたみたい。安静って大事なんだな~。