読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

事実婚コンシェルジュ

事実婚を実践しています。社会の中の「ジェンダー」や「多様性」について、日々思うこと、 モノ申したいことを気ままに書いています。

2回目の卵管造影検査(2017年3月)

2回目のヒューナーテストの時に次は卵管造影検査を受けたいと言ってあったので、生理開始に合わせて臼井医院を予約。

経血がなくなり、かつ、排卵前、という非常に限られたタイミングでしかできない検査なので、仕事も急きょ午後休むことにする。転職してまだ2か月経っていないので、休むのはまだ気がひける。でも自分の体の方が大事だからね。

 

子宮内にチューブを装着し、専用の検査台へ。

レントゲンを通して自分の子宮や卵管周辺がモニターに移され、チューブから造影剤が挿入される。

ところが、痛い!本当に痛い!

お腹をつかまれているような、変な感覚の痛さで、あまりの痛みに声も出なくなってしまった。

文字通り「歯を食いしばる」私。

こんなにつらいのに、「歯を食いしばるってこういうことか」と妙に納得。

そして冷や汗がぶわーっと吹き出る。

 

「じゃあここでやめようかー」

と医師が言ったので

「もしや検査失敗?お金とられるんだよね」

などと不安に思う。

 

よっぽど蒼白になっていたのか、看護師さんに

「少し休んだ方がいいですよ」

と言われ、クリニック2階の入院棟でベッドに案内された。

看護師さん、冷静で優しくて

「昨年も違うクリニックでこの検査したんですけど、ここまで痛くはなくて・・・」

と話すと

「たぶん先生が卵管を通そうとしていたからだと思いますよ。

痛くなければ、もうワンショット通ったかも」

と説明してくれた。

疲れていたので、30~40分寝てしまった。

 

落ち着いてから改めて診察室に入り、医師の話を聞くと、

「卵管が細くなってはいるけど、閉塞ではないですよ」

とのこと。

「え?日暮里レディースクリニックでは卵管閉塞で体外受精しかないって言われたのに!?私それでしばらくものすごーく落ち込んで、たくさん悩んだのに。なんだったのよ!?」

 

医者によって検査のやり方とか見立てって違うものなんだなーと実感。

ちょっとばかりお金はかかっても、気になることは複数のクリニックに行ったほうがいい。

卵管を通すには手術と注水の2種類があるそうだが、以前も書いたとおり手術は別のクリニックにいかなければならず、数か月待ち。

「注水はどうですか?」と聞くと

「検査と同じくらい痛いよ。手加減できない分、もっと痛いかも」

と言われ、即座に

「痛いのはイヤです」

と答えてしまった。

そんなんじゃ出産できないよと言われそうだが、いや、私は無痛分娩がいいな。

 

「人工授精してみましょうか?」

 

おぉ、体外受精しかないと言われたのに、他の方法も取れるの?

だったらやってみようか。

2回目のヒューナーテストを受ける(2017年2年)

1月に初めてヒューナーテストを受けたら「相性が悪い」「精子が子宮まで届いていないようだ」という診断。

じゃあ、次どうしたらいいの?と迷いに迷って、もう一度卵管造影検査を受けてみようかなという気分になっていた。

日暮里レディースクリニックでこの検査を受けて「卵管閉塞」と診断された。

これがモヤモヤの原因なんだろうな、きっと。

だから、さすがに2軒目の臼井医院でも同じように言われたら、体外受精しか選択肢がなくても納得できる、と思うようになっていた。

2月の生理が来た時に病院に電話したところ、思いがけず

「もう一度ヒューナーテストを受けてください」

との回答で、とりあえず予約。

 

今度の予約は月曜の11時30分。ということは、日曜23時30分までにセックスをすること。

本当に、この色気のないスケジュール管理、楽しみたいセックスが作業になってくる。

 

ヒューナーテスト当日、医師の診断は・・・

 

「うーん、精子死んでました」

 

今回は電子顕微鏡の動画を見せてくれた。

精子がきちんと子宮まで運ばれていれば、検査時に体内に残っている精子がうようよ見えるはずなのに、私の場合、本当に、いない。

「あ、これは死んだ精子ですねー」

などと医師が説明してくれる。

 

これは分泌物の相性の問題だからどうしようもないのだろうけど、私の自己主張の強い性格から出される頸管粘液が、パートナーのどちらかというとオドオドして頼りない性格の精子を殺しているのではないだろうかと本気で考えざるを得ない出来事、だった。

 

ヒューナーテストは性格を表すのか??

(そんなわけないけど)

 

 

 

 

ヒューナーテストを受ける(2017年1月)

ヒューナーテストは、子宮と精子の相性を見るテスト。

射精後の子宮内での精子の状態を検査するそうだ。

セックスして、射精後12時間以内に受診しなければいけないというタイミングの難しいテスト。

予約が取れたのは月曜の12時30分。

ということは、日曜深夜0時30分以降に射精しないといけない。

おいおい、早く寝たいのに・・・

 

「やらなければ」という義務感を伴うと全然盛り上がらないセックス。

一応射精を終えて、翌日臼井医院に行くが、診察室に入れたのはもう13時30分。

 

そして医師は開口一番

「相性悪いね」

 

12時間以内に見てもらえなかったことが原因ではないかと自分としては思いたいが、医師によれば、普通は、泳ぎ切っていない精子が残っているはずだが、私の子宮内にも1匹もいなかったとのこと・・・

 

相性が悪いと、体外受精に進んだとしても着床率が下がるということだった。

体外受精へのモチベーションがあまり上がらない。

 

私とパートナーはよくケンカをする。

それが分泌物にも出ているんじゃないかと本気で気になった。

さぁ、どうしよう。

 

臼井医院へ(2016年1月)

日暮里レディースクリニックでは結局イヤな思いをしただけだったが、とりあず紹介状やら検査結果は揃った。

 

12月に体外受精の勉強会に行き、ここの医師にも意見を聞いてみようと思った臼井医院(不妊治療センター)を1月に受診。

このクリニックの院長(男性)の良いところは私の目をしっかり見て話を聞いてくれるところ。

自分からたくさん説明をしてくれるわけではないが、質問にはきちんと答えてくれるし、イヤな顔もされない。

 

ただ、検査結果を見た上でのアドバイスはあまり変わらず、

1.FTカテーテル手術で卵管の詰まりを取る

(ただ、臼井医院ではできず、他のクリニックを受診しなければならない)

2.体外受精に進む

このどちらかだろう、とのことだった。

 

受けたことがないなら、次回ヒューナーテストをやってみましょうか?

と提案されたので、できる検査はやっておこうと思い、数日後の予約を取る。

心が決まるまでの時間稼ぎのようにも思えるが、まぁ、やるだけやる。

 

帰宅して、FTカテーテルの手術をする際に紹介されるクリニックに電話。

どの程度待つのかを問い合わせたところ、初診まで1か月、その後手術まで2~3か月待ちと回答された。そんなにかかるの!?

 

卵管の詰まりを取ったところで、卵管の機能自体があるかどうかは、タイミング法や人工授精をして、自然妊娠するか待たなければわからない。

ここまでして「卵管の機能がない」ことがわかったとしたら、かなりの時間ロスだ。

私の場合、FTカテーテルはあまり賢い選択ではないなという気がしている。

温経湯の効果

2016年9月頃から近所の産婦人科で処方されている「温経湯(うんけいとう)」という漢方。

血流を良くして体温が上がる効果があるとのこと。

医師によれば「体がポカポカするよ」とのことだが、4か月近く服用してもポカポカするほどのことはない。

 

ただ、基礎体温を見ると、高温期の温度はやや上がったようだ。

私の場合、以前から高温期、低温期がはっきりしていたが、30代半ばを過ぎるとその差がぼやっとしてきた。それが再びわかりやすくなったように思う。

漢方なので即効性はないが、効果は少しあるかな、という感じ。

f:id:meme-ko:20170119180523j:plain

 

どなたかの参考になれば。

モヤモヤする年末年始:その理由(2016年12月~2017年1月)

私はとにかく自分が納得しないと先に進みたくないタイプ。

体外受精を受けるのか受けないのか、どんな決心をするにも様々なハードルが待ち構えている。

 

1.そもそも子どもがほしい?

「経済的に自立した人間になりなさい」と親に言われて育ち、教育にもずいぶんお金をかけてもらった。

長く学生をやっていたし、社会人になるのも相当遅かった。

でも、この職種では「専門職」と呼ばれる仕事に就いて、不安定な時期は度々あるが自立できている。

 

パートナーと結婚式を挙げた時、36歳。

平均よりは遅いけれど、これまでの選択にまったく後悔はしていないし、自分の経験に誇りを持って生きている。

焦るつもりもなく「子どもがいたら楽しいかもね」くらいの気持ちで生活していた。

「避妊をやめれば、そのうちできるかな。私健康だから。」なんて持っていた。

 

でも、いざ卵管閉塞という現実を突きつけられて、自然妊娠できないかもしれないという状況になり、39歳という年齢を考えると「じゃあ急いだ方がいいのかな・・・」というプレッシャーに変わってきたようにも思える。

 

そして、気持ちが弱くなると、こんな自分が人より劣った存在なのかと思えてしまう。

妊娠、出産だけが自分の価値ではないと、頭ではよーくわかっているのに、「できない」自分がもどかしい。

 

子どもって、強く望んで、熱心に治療して、授かるものだった?

妊娠ってそこまで過酷なことだったっけ?

 

2.仕事どうする?働き方どうする?

転職活動中の私。

職種柄、専門嘱託のような契約ベースの仕事がほどんど。

生きるためにお金は稼がないといけない。

うちの場合、生活費はパートナーとすべて折半のため、失業中だから負担減という特例はつくっていない。

彼が転職活動中で収入ゼロだった時も同じようにしていたので、私だけ特別に甘えたくもない。

 

今の生活レベルを維持するためにはフルタイムの仕事がよい。

でも、不妊治療のために突然休むことが許される職場を今の日本で見つけられるんだろうか?

正直に打ち明けたら採用もしてもらえないだろうし、途中で契約終了なんて可能性もある。

起業したいという目標もあるけれど、すぐにできる状態でもないし。

 

妊娠のために、これまでのキャリアを捨てる覚悟までしないといけないのだろうか?

仕事か、子どもか、選ばないといけないなんておかしいよね?

 

3.婚姻届どうする?

私は今の民法や戸籍法に違和感があり、パートナーと事実婚を選んだ。

住民票上では「未届」が付記されるものの、夫婦として登録されているし、現在失業中の私はパートナーの扶養親族として社会保険に加入できている。

 

事実婚カップルでも体外受精は可能だ。

ただ、東京都の不妊治療助成金の対象は法律婚カップルだけ。

2016年10月30日の日経新聞に「事実婚不妊治療の助成対象に」という記事が掲載され、希望の光が見えたように思えたが、厚生労働省に問い合わせたところ、そのような方針はないとのこと。

なんとガセネタのようだ。

日経に問い合わせたが「記事の情報源は言えない」との回答。

いやいや、厚労省の窓口の女性、「こちらも日経に問い合わせたのですが・・・なぜこのような記事が出たのかわからないです」と言っていたぞ。

不妊治療、事実婚も助成 厚労省が年度内にも要件改正 :日本経済新聞

 

厚労省には「生まれてくる子どもの法的安定性を重視している」と回答されたが、婚外子差別は既に撤廃されている。

法律婚の両親の方が安定しているなんて根拠はないでしょ?

だったらどうして離婚や虐待が減らないの?

 

もう20年以上民法改正を応援してきた。

婚外子差別や女性のみの再婚禁止期間の短縮、若干の改正はあったが、夫婦同氏の強制は変わらない。今の政権では変わることも期待できないだろう。

法改正や、厚生労働省の方針変更を待っていられない。

待っていたら出産可能年齢を過ぎてしまう。

 

事実婚のまま体外受精を受けるという選択もあり。

でも、助成金をいらないといえるほどの高所得世帯でもないのが現実。

一時的にでも、婚姻届を出さないとならないのだろうか?

じゃあ名前、どうする?

私は自分も姓を変えたくないし、相手を変えさせたくもない。

社会制度を自分に合わせて使いこなすことと、自分の信条にがんじがらめになるのは違う。

わかっているけど、どうしても自分と折り合いがつかない。

 

こんなことを、ひとつひとつ整理していかないといけないんだ・・・

考えるほどに、ため息ばかり。

スッキリとお正月を迎えたかったけれど、ずーっとモヤモヤしていた私。

再び日暮里レディースクリニックへ(2016年12月)

臼井医院の体外受精の勉強会に参加後、せっかくなら臼井医院も受診してみようと思った。

ひとりで悩み続けても出口が見えないし、少々お金はかかっても、複数の専門家の意見を聞くことに損はない。

 

検査をいくつか受けた日暮里レディースクリニックで、まだ血液検査の結果が出ていなかったことが気になっていたので、年末ぎりぎりに予約をとって行ってきた。

AMH(抗ミュラー管ホルモン)、抗精子抗体検査ともに問題なし。

AMHでわかるとされる、現在の卵子の在庫数の値は平均より上のようだったが、私はてっきり、卵子の「在庫数」が「あと何個」とわかるのかと勘違いしていた。

 

精子抗体検査は特に勧められなかったのだが、念のため受けたもの。

女性によっては精子が体内に入ることに免疫があり、異物として受け入れないことがあるらしい。私には幸いそのような抗体はなかった。

 

説明した医師(男性)にいくつか質問。

 

私「今後体外受精に進む場合、排卵誘発方法がいくつもあるようですが、私の場合、どのような方法が適しているでしょうか」

 

医師「その時来てみないとわかりません」

 

私「クリニックの方針や、おすすめする方法もないのでしょうか」

 

医師「その人によって違うので」

 

私「体外受精が必要だとわかってはいるのですが、悩んでいます。重大な決断をそう簡単にはできないし、もっと情報が必要なので、他の医院にも相談したいと思っています。その場合は紹介状を書いてもらった方がよいのでしょうか。どういう方法で受診するのが一番良いのか教えてほしいのですが。」

 

医師「え?何がほしいんですか?紹介状?それともセカンドオピニオンって書けばいいんですか」

 

私「いや、私も初めてのことでどうしたらよいのかわからないので、ベストな方法を知りたいだけなんですけど・・・まだ転院すると決めたわけでもないですし・・・」

 

医師「じゃ、手紙書いときます」

 

私「いくらくらいかかるでしょうか」

 

医師「受付で聞いてください(ピシャッ)」

 

なんか医師が逆ギレ。明らかにイライラ対応された。

二度と来るか!と思って診察室のドアを閉めた。

 

たいていの患者にとって、不妊治療は初めて遭遇する出来事。

正解のない難題に突き当たってしまって、私はこんなに不安に思っているのに、患者の質問にきちんと答えてくれず、素人が下手に勉強して口出すなという雰囲気。

その人のその時の状態に応じてオーダーメードの治療、というのなら耳障りはたしかに良い。

でも、これだけ検査結果が揃っているのだらか、少なくとも「一般的にはこういう順序の誘発法が考えられますね」とか「こんなスケジュールになりますよ」とか、もっと言い方があるだろうに。

 

「とにかくすぐに体外受精」という態度は、私の年齢を考慮してのことと理解はするけれど、新しいクリニックゆえに「できるだけ早く実績をつくりたい」焦りもあるだろう。

ただでさえ気持ちが弱くなっている時に、まさかこんな対応を受けるとは、さらにショックだった。

 

会計の時に受付の女性に「体外受精にステップアップするよう言われたのですが、決めきれなくて・・・」と話したら「そうですよね。最後はご本人が決めないといけないことですからね・・・」と優しく答えてくれたことがせめてもの救い。

このクリニック、受付の人たちはフレンドリーなのだけど・・・